株式会社大栄

0798-48-6980

受付時間:平日8:30~17:30

お見積依頼はこちら

スマホメニュー

事業内容

廃棄物計量システム

廃棄物計量システムの導入

創業以来50数年、西宮市内の事業者様から出る事業ごみを長年にわたり回収し、現在では2000件を越えるお取引様と契約を結んでおります。
また、大栄では廃棄物計量システムを導入し、お客様にごみ処理料金の明確化と減量化を実現しております。

廃棄物計量システムの導入

廃棄物計量システムとは?

ごみ処理量を「見える化」し、料金の明確化とごみの減量化を
実現しています

廃棄物計量システムとは?

大栄では、車両にごみを積み込むだけで重量を計測できる「スケールパッカー車」を導入し、各取引先のごみ重量を一元管理しています。

このシステムの導入により、お客様に対してごみ処理量の透明性を確保できると共に、ごみの発生抑制・減量化の提案につなげることができました。数字による「ごみの見える化」は、お客様のごみ減量に対する意識を高め、全体として予想以上の減量に至り成果を上げています。

また、ごみの排出量に応じて収集費用を算出する「従量課金制」を取り入れ、「ごみ減量=経費削減」を実現し、お客様の間にさらに広がっていきました。ごみの収集量が減少すれば、弊社グループの売上は減少しますが、ごみ減量の提案を通じて取引先件数を増やすことで、結果として売上を伸ばしています。これは、営業努力もさることながら、お客様から弊社グループへの信頼の証であると考えています。

廃棄物計量システムの流れ
  • Step 1

    Step 1

    収集したごみの重量を測定

  • Step 2

    Step 2

    送信ボタンを押し、お客様ごとの重量データを会社に送信

  • Step 3

    Step 3

    収集時の重量と位置情報をパソコンにリアルタイムで反映、データを一元管理

お客様
  • 集計データの報告
  • 重量による課金請求

ごみ量(=経費)が把握でき、
ごみ減量に対する意識が高まる